こんにちは。

女性のためのプライベートサロン

フェリースの長谷川知美です。

 

今日から3月です。

お昼前からぽかぽか陽気で

急に春がやってきました!

室内よりも外のほうが暖かいんではないかと思うほど。

 

 

先日、発売されたばかりの

『かんたん☆ねんねトレーニングBOOK』

伊藤かよこ(著) 日本実業出版社

を読んでみました。

著者の伊藤かよこさんは、以前こちらの記事

『人生を変える幸せの腰痛学校』

を出されて、今回は2冊目の著書です。

 

育児の経験がない私ですが

フェリースにいらっしゃる方のなかには、小さなお子さんをお持ちの方や

出産したばかりの方も少なくないので

少しでも参考になればと思って購入してみました。

 

ねんねトレーニング

という概念、恥ずかしながら私にはなかった(知らなかった)のですが

意外といろいろな本も出ていますし、ネットにも情報は出ているものですね。

 

この『赤ちゃんが夜早く、長く眠る かんたん☆ねんねトレーニングBOOK

には、その方法だけでなく考え方などもしっかり書かれているので

取り組みやすいのではと思いました。

 

例えば、赤ちゃんが夜目を覚まして泣いても

 

抱っこやおっぱいで寝かしつけない→赤ちゃんが泣き続ける

 

という状況は

「赤ちゃんがかわいそう」

と考えがちですが、本当にそうですか?

と、この本では書いています。

 

赤ちゃん自身も深く眠れなくて「困っている」のだとしたら

その困りごとを解決するお手伝いしようと思いませんか?と。

 

大人でも赤ちゃんでも

眠っている間には深い眠りと浅い眠りがあって

大人でも浅い眠りのときは目が覚めてしまうことだって

ありますが、すぐにまた眠りにつけるから気づかないだけだといいます。

 

抱っこやおっぱいでしか寝入ったことのない赤ちゃんは

夜中に目が覚めたときも、次の睡眠サイクルに入るために

同じように抱っこやおっぱいが必要になる、というのはなるほどなと思いました。

 

大人でも、いつものベッドで眠りについて

眠っている間にちがう場所に移動されていたとしたら。

浅い眠りのときに、ふと気づくと

別の場所!となったら私だったらパニックになりそうです。

 

赤ちゃんもまったく同じで、大好きなだっこやおっぱいで寝ていたはずなのに

気がついたらひとりで布団に寝かされていることに気づいたら

驚いて泣いてしまいますよね。

 

 

他にも、寝かしつけのときに

赤ちゃんと呼吸を合わせたり、やさしく触ってあげたり

言葉をかけてあげたりと、

赤ちゃんと一緒にリラックスしましょう

なども書かれています。

 

 

赤ちゃんも大人も同じなんだなぁ・・・とつくづく感じました。

私も施術のときは、患者さんにはできるだけリラックスしてもらいたいので

私自身もリラックスできるように

いつも心がけています。

 

イライラ、ピリピリは

すぐに伝わりますからね。

 

 

というわけで、赤ちゃんのねんトレに興味がある方

赤ちゃんの寝かしつけで悩んでいるかた

これから赤ちゃんが生まれてくるというかた

いろんなかたにおすすめの本です。

 

特に今まさに困っている!というかた

この本の後ろのほうに素敵なメッセージがありますので

ぜひ読んでもらいたいです。

 

私は、伊藤かよこさんと実際にお会いしたのは(たぶん)1度だけですが

ご本人の優しい雰囲気がそのまま伝わってくる

ふんわり柔らかい気持ちにさせてもらえるメッセージでした。

 

かんたん☆ねんねトレーニングBOOK』は

フェリースにありますので、気になる方は

お声がけくださいね。