こんにちは。

青葉台の整体、女性専門整体サロン

フェリースの長谷川知美です。

 

突然ですが…

手のむくみ、指のむくみで指輪がはいらない!

そんな経験はありませんか?

 

 

昨日はとてもびっくり、焦ってしまいましたので

さっそくブログネタにしてみようと思います。

 

 

昨日、11月6日はフェリースは臨時でお休みにして

江島神社で結婚式をあげてきました。

 

夫の希望で、毎年お参りしている神社での結婚式。

初めての白無垢。

和装なんてなかなか機会がないので、わくわくでした。

 

せっかくなので、きれいな写真を残したい!と

プロのカメラマンにもお願いして写真撮影も。

 

綿帽子や角隠しといった、ザ・花嫁

みたいなのも良いかなと思ったのですが…

写真を撮ってもらうのに、顔が見えないじゃん!てことで却下。

 

それに、頭にかぶり物すると、姿勢も気をつけなくちゃいけないし

動作がいちいち大変そう、という理由でやめました。

 

 

和装の似合う夫。

 

 

昨日は雨がしとしと…

着付けてもらっている間に何度も外を確認したくらい

雨が降ったりやんだり…

 

ひととき、ふいに雨があがって

その隙に写真撮影をしました。

 

 

 

・・・と、前置きが長くなりましたが

今日の本題にはいります。

 

 

結婚式といえば、指輪。

神社での結婚式なので、指輪交換はあってもなくても良いみたいですが

私たちはやることにしたので、大事に箱に入れて持っていきました。

 

 

結婚式は滞りなく進行し

指輪交換の番になりました。

 

私はどちらかというと指は細いほうで、むくむということも

ほとんどないので、まったく気に留めてもいなかったのです

が!!

 

 

指輪交換ではまず、新婦の指に新郎から指輪を…

は、、はまらない、入らないよ、どうする💦💦💦

 

指輪を作ってもらうときも、できあがった指輪を試着したときにも

一度も「きついな~」と思ったことのない指輪が

スッと入ってくれないのです。

 

結婚式が始まるまで、ずーっと天気のことしか頭になかった私に

想定外のハプニング!

 

 

結局、私が反対側の手でサポートしながら、なんとか指輪をねじ込んで(笑)

セーフでした。

 

気が付かないうちに指がむくんでいたようです…

 

思い当たることといえば

1.水分をとっていなかった

12時前に神社入りして、着付けやヘアメイクなど

 

結婚式が15時からだったので、指輪交換は15時すぎ

11時半ごろに食事をとったのが最後の水分摂取だったので

まるっと4時間近く、水分をとらずにいました。

 

2.身体の動きが制限されていた

白無垢を着付けてもらっていたので、その間はいつもよりも

身体の動きがかなり制限されていました。

 

足元はいつもの半分、もしくは3分の1くらいの歩幅でしか移動できず

腕は、手がやっと口の前まで持ってこられるくらい(三々九度でギリギリ届くくらい)

肋骨、胸まわりは補正のタオルやら綿など詰まって、布が何重にもぐるぐる巻き。

呼吸するたびに、お腹がぎゅるぎゅる鳴ってしまうほど…

 

おそらくこんなところが原因なのかな、と思います。

普段から着物に慣れている人なら、こんなこともなかったかも知れませんが。

 

 

日ごろ、全然むくまないのは、

ちゃんと動かしていて、水分もとって、出してを

ほどよいペースで行っていたからなんだなぁということを

身をもって感じました。

 

 

式がお開きとなったときのひとコマ。

指輪がはいってホッとしているところ。

 

 

私はもうこの次、はないと思いますが

もし、これから和装で結婚式、指輪交換をする予定のある方は

こんなことも、あるかも…と想定しておいたほうが良いかも知れません。

ご参考までに。

 

 

 

対策として考えられるのは、水分を少しでもいいからとること

着付けをしてもらってからは腕をぶんぶん動かすことは難しいので

心の準備をして、せいぜい手や指をやさしくさすったりなでたりして

少しでも滞りをなくしてあげるくらいでしょうか。

 

私のように本番になって焦ることがありませんように…。

 

 

もっとほかに良い方法があれば

ぜひ教えてくださいね!