久しぶりの更新になってしまいました…。

今日は食事のお話しを少々。

カラダにいい食事ってなんだろう?

私がいつも患者さんにお話しさせていただくのは、基本は和食。

そして、季節のもの、なるべく地元でとれるものがいいですよ、と。

日本には四季があり、その季節ごとに採れる野菜や果物、そして魚などもさまざまです。難しいことは考えずに、そのときの旬のもの(手に入りやすいもの)がよいのです。それを家で調理して食べるのが一番手軽でお金もかからない方法ではないかと思うのです。

 

ただ、日々の生活の中でどうしても外食が増えてしまうことも、あるでしょう。お付き合いだったり、時間がなかったり…。外食は家庭で調理する食事と比べると味が濃くなりがちで、塩分や脂肪分などを摂りすぎてしまうことも。

となると、どこかで調整しなければなりませんね。

 

私のおススメは家での食事を「ごはん+味噌汁」をベースにすること。そして主食である「ごはん」は白米よりは、玄米や分搗き(ぶづき)米、胚芽米などにすることです。我が家には、家庭用の精米機があるので、玄米を購入しておいて食べる前に精米して炊いています。

 

今の季節は5分づきですが、夏場になるともう少し上げて7分づきくらいに…そうするとかなりの胚芽、ぬか部分が落ちてしまって、じつは一番栄養価の高い部分を捨ててしまうことになるのですが。。食べやすさ、を考えると初めての方には7分づきくらいからをおススメします。7分づきまで精米してしまうと、(私の感覚では)かなり白米に近い”白さ”が出ます。

 

そこへ、このような「雑穀」を混ぜて炊くと、精米で失われた栄養素を多少なりとも補うことができますし、またお米とは違った食感が楽しめます。

image

私のイチ押しはこちら。

オーサワジャパン

【オーサワの充実雑穀】

胚芽押麦・玄そば・はと麦・もちきび・もち赤米・黄大豆・もちあわ・とうもろこし(国内産)

これを米1合に対して、小さじ1杯ほどを混ぜて炊くだけです。

商品のページはこちら

いつも食べている白米をこの雑穀を混ぜた雑穀米に変えるだけでも、

  1. よく噛んで食べられる
  2. 栄養素アップ
  3. 美味しさアップ

ということで、簡単に食事の質をあげられます。ぜひお試しくださいませ~!

他にも雑穀はありますし、私は以前いろいろな種類の雑穀を試してきましたが、中にはう、うーん、イマイチ…(美味しくない)というものもありましたので、これは好みの問題ですのでいろいろ試してみるのも良いかもしれませんね。

ご参考までに、私の日頃の食事風景です。

image image image image

基本は、ごはん+味噌汁です!!

外食も、します。高カロリーなものや、カラダにあまりよくないと言われるものも、食べます。でもやっぱり、いつもの食事をきちんとしていれば、そこまで神経質になることでもないかなと、最近思います。食事は栄養やエネルギー源を補給するだけでなく、「楽しみ」も必要ですから。。

というわけで、今回は、雑穀のご紹介でした!