やや日が空いてしまいましたが…。

 

お湯シャンプー、私自身がやってみてこれは、と感じた

コツなどを書いてみたいと思います。

 

  1. お湯の温度
  2. 髪のお手入れ

 

お湯の温度

シャンプー剤を使っていた時と比べると、脂は落ちづらいので、

冷たい水よりは熱いお湯のほうが汚れも落ちそうです。

温度を上げたら良いかなと思ったのですが、

やはり何ごとも適当なところが良いようです。

 

熱いくらいの温度で洗ったからさっぱりしたか、というところまでは

実感ができませんでした。

自分で気持ちが良いと感じる温度でOKだと思います。

私の場合、今の季節は40℃くらい。

 

ごしごし洗う、というよりは、

指の腹で頭皮を優しくマッサージするような、

そんな洗い方が良いみたいです。

 

蚊に刺されたときに、つい掻きむしってしまい

いつまでも跡を残してしまう私が言うのもなんですが… 😁

爪を立てて頭皮を傷つけないようにしたいものです。

 

髪のお手入れ

ひとつ前の記事にも少し書きましたが、私はこんなものを使ってみました。

【椿油】と【つげの櫛】

image

 

お湯シャンプーとは、直接的な関係はないと思いますが

ネットで調べているうちに「椿油」がいいらしい、と。

 

以前から私は傷んだ髪になにかを「つける」ことに抵抗があって

何かを「つける」こと自体が髪にとって

本当に良いのか疑問でした。

ドラッグストアに行けばいろいろなトリートメント剤が売っていますし

使ったことはありますが、サラサラするものの

髪をコーティングされているだけのようで、あまり好きではなかったです。

 

今はお湯しか使わないので、余計なものはつけたくないし

でもパサつきは気になるし、と思ってこの椿油。

それと、少しつけて頭皮のマッサージをすれば頭皮の余分な脂汚れも

とれるのでは?と…

 

なので、洗う前に少しつけてマッサージしてみたり

洗って乾かしたあと、数滴手に取って髪になじませて

写真にもある、つげの櫛で梳かしてみたりしています。

 

毎回ではなく、気が向いたときだけですが

椿油はサラッとなじんで良い感じです。

 

image

 

ここからは余談ですが、以前(といってももう20年以上も前のこと)

私が高校生でイギリスに留学(ホームステイ)していた時

気候の違いもありますが、お風呂に毎日入るということがなく

当然ながら髪は数日に1回洗う程度でした。

 

greasyな頭になってきたら、そろそろかな~と。

ステイ先のお家、1階にシャワールーム、

2階に浴室がありましたが

Bathroomはバスタブしかありません。

お湯と水が出る蛇口はついていますが、シャワーはついていないし

日本のお風呂場のように洗い場はありませんでした。

隣にはトイレの便座があって、シャワーカーテンはなかったかな?

 

バスタブにお湯を張って、そこに浸かって

体と頭を洗い、水を抜いて終わり。

いわゆる泡風呂みたいにして入ることもありましたが

洗ってそれっきり(流さない=rinseしない)

泡が付いたままタオルで拭いて終わり。

 

洗い流す場所も設備もないから、そういうものでしょう(きっと)。

 

石鹸が付いたままってどうなの?と思いましたが、

当時10代の私には「日本では考えらえない」とか

そういうことを主張することもできず

(主張できない=単なる”違い”だという認識で、いちいち

主張するほどのことではないとの判断と、説明できるだけの語学力がなかった)

 

【お湯だけ溜めて、お湯に浸かるだけの入浴(石鹸、シャンプーなし)】

を選んでいました。

バスタブに張ったお湯が冷める前に、そのお湯で髪も洗います。

どういう状況かはご想像にお任せしますが…。

 

 

それが嫌なら、ちょろちょろとしか出ない、超弱な水圧シャワーのついた

シャワールームへ行くか。

 

 

いずれにしても、お湯はタンクにあるだけしか使えないので

何かの拍子にお湯がなくなれば、冷たい水となってしまいます。

他の家族がお風呂に入ったかどうか、お湯は足りそうかを

正確に見極めないと、冬場は途中であきらめて中断しなければならないことも。

 

そのような環境で約10か月生活していたので、

今の日本のお風呂事情って、

なんて素晴らしいのかしら!!!!!

と言わざるを得ません。

 

かなり昔の話なので、今は多少なりとも状況が違うと思いますが

日本に帰ってきて、勢いよく出るシャワーに感動したことは鮮明に覚えています。

 

というわけで、

思い返してみれば、私にとってお湯シャンプーって

それほど特別なことではなかったみたいです。。

 

 

これを読んで、やってみよう!

と思ったらぜひぜひ、試してみてくださいね、お湯シャンプー♪