こんにちは。

女性のためのプライベートサロン

フェリースの長谷川知美です。

 

フェリースでは、トコちゃんベルトアドバイザーの私が

トコちゃんベルトの着用指導を行うさいに、必ず妊婦さんにお伝えすることがあります。

 

それは、「お腹にゴムの跡をつけないでくださいね」ということです。

ほぼ全員と言ってもいいほど、みなさんお腹にゴムの跡がついてしまっているのです。

 

妊娠中はいわゆる「マタニティショーツ」をみなさん購入されて、お腹を覆うような(おへその上まであるような)ショーツをはいていらっしゃるのですが、お腹を守るためのはずのものが、逆に良くないことをしてしまっているのです。

 

寒い季節だと、ショーツだけでなく、タイツでもゴムの跡をつけてしまっている場合が多いです。

 

image

こちらは、トコちゃんベルトをご購入のかたにお渡ししている資料『トコちゃんのマタニティケア・ハンドブック』p.17にも書かれている内容ですが、

 

トコちゃんベルトより上部を締めて、肌にゴムの跡がついてはいけません!

 

骨盤ケアの三原則は

 

あげる(さがってしまった子宮などの内臓を上にあげる)

 

ささえる(立ったときに内臓が下がってこないように、トコちゃんベルトでサポートする

 

ととのえる(体操などでゆがみを整える)

 

なのですが、トコちゃんベルトで「ささえる」をがんばってみても、お腹をしめつけて内臓を下に押し下げてしまってはベルトの効果が半減してしまいます。

 

しめつけている、という自覚はみなさんないのですが、ゴムの跡がつくということは、とっても弱い力だとしても、じわじわと常に圧がかかっている証拠です。

 

今すぐ、やめましょう!

 

私がおススメするのは、トコちゃんベルトにかかるくらいの、小さなショーツです。ゴムの部分はお腹に当たらずベルトに乗っかる形なので、大事なお腹を圧迫することがありません。

 

トコちゃんベルトを着用する際には、ベルトが肌に直接当たらないように腹巻を着用しますが、お腹の部分をしっかりと覆いたい場合は丈の長い腹巻がありますので、それをおすすめします。

 

image

 

【アンダー腹巻】

こちらは薄手で丈が60cm(LLサイズ)、2枚セットで1,800円(+税)です。

良く伸びますので、お腹にゴムの跡をつけることなく、妊婦さんでも安心して使っていただけます。

 

丈が長すぎるかなと思ったら折り返して使うこともできますので、便利ですね。

これからの季節、外は暑いですが、室内は冷房で冷え冷えということもあります。妊婦さんはもちろんですが、女性のみなさん、お腹はくれぐれも冷やさないように気をつけてくださいね。

 

 

冷えが気になる方にも、おすすめです(私も愛用しています!)