さてこれまで「たんぱく質」が体にとって

大事な栄養素であることを説明してきましたが、なにごとも【過ぎたるは及ばざるがごとし…】

たんぱく質も摂りすぎによる弊害があります。

 

消化管への負担

たんぱく質は、多数のアミノ酸が組み合わさってできていることは、以前こちらの記事(ダイエットにプロテイン☆)に書きました。

そのたんぱく質は体内でアミノ酸に分解され、吸収されます。大量のたんぱく質が入ってくればそれだけ消化管への負担が大きくなります。

 

腎臓への負担

たんぱく質は体内に蓄えておくことができないので、必要以上に摂りすぎてしまうと、過剰に摂った分は尿とともに体外に排出されます。

たんぱく質を分解したときに発生する老廃物も、同様に尿として水分とともに排出されます。そのため、摂りすぎが続くと尿を作る腎臓に負担をかけてしまいます。老廃物が増えればそれだけより多くの水分が必要となります。

 

ダイエットのために、プロテインを飲み始めたところ、便秘気味に・・・

という方が時々いらっしゃいますが、消化機能が追い付かなかったり水分不足によるものと考えられます。一度にとるプロテインの量を減らす、飲む水の量を増やす、食事の内容を見直してみる、などして様子を見ながらとることをお勧めします。

便秘はダイエットの大敵ですから。

 

ダイエット(減量)目的の場合…

総摂取カロリーに気を付けてください。

特に、動物性の食品(肉や魚、卵、乳製品)の場合は、たんぱく質だけでなく同時に脂質も多くなりがちなので、カロリーが高くなる傾向があります。たんぱく質1gあたり、4kcalと、糖質と同じエネルギー量です。

摂取カロリー>消費カロリー

となれば、余剰カロリー分は脂肪となって体に蓄えられます。体にいいからといって摂りすぎは禁物です。

 

何度かに分けて、たんぱく質のお話しをしてきましたが

上手にとってより健康な体を手に入れたいものですね!

 

 

ダイエット(減量)をしたい方には、プロテインをお勧めしますが

プロテインをとること以外にも、できること、やってほしいこと、必要なこと…がたくさんあります。

  • 今の自分には何が足りないのか?
  • 痩せたいけど、何をしたらよいのか?

など、ダイエットのカウンセリングは個別に行っております。

 

ご興味おありの方は、ぜひ一度お問い合わせください!

コースの紹介:美容コース