この仕事をしていると、よく聞かれることがあります。

「ほんと細いんですねー」

「どうしたら太らないんですか?」

「やっぱり運動ですか?」

など。

過去に「太ったな…」と悩んだ時もありましたが、基本的にはいわゆる「肥満」体になったことはありません。痩せるためにあの手この手でがんばって、よし!これだ!という実体験がないため、よい答えを出せないのですが…なにかひとつ、コレで痩せました、っていうのは実はないんじゃないかなって思ってます。

 

ダイエットの指導をしている人があまりにも不健康で太っていたら、あれ?って思いますよね。そういう意味では、私は「太れない」と思っていて、普段から気をつけてはいると思います。そして、その【意識】がものすごく大事なのかなとも思っています。

 

体型には普段の生活が現れます。

 

食生活運動習慣、などが分かりやすい例ではないでしょうか。

 

遺伝もありますが、肥満となる原因としては遺伝は3割生活習慣や環境の影響が7割とも言われていて、親が太っているから子供も太る、とは言い切れないようです。

 

なので、生まれつき○○だから、と諦めることなく、日々の習慣をより「良い」ものに変えていって、より「良い」カラダを手に入れていただけたら、と思っています。

 

これまでの自分自身の経験と、お仕事を通して出会ってきた方々から聞いたお話しなどを踏まえて、こういうことをしていると太りますよ、とか痩せますよ(健康になれますよ)、というご提案ができたらなと思っております。ひとつでも参考にしていただけたらいいなと思っています。

 

基本的な考えとして、健康であれば、その人に適した体重、体型になると思っています。20歳のときの体重を基準にして、その時からどのくらい増えたかを見ることが多いようですが、それは20歳の頃がいちばん健康だった、と考えるからなのでしょう。なので、痩せたければまずは「健康」を目指しましょう、と私は考えます。

 

ちなみに私は20歳のころは今よりもう少し体重が多かったと思います。その後、就職して数年が一番重くて、今よりも+5~6kgあったように思います。カラダは重かったし、精神的にも不安定でした。あの頃には戻りたくないな、と思います。

 

今から2年くらい前に、一番体重が落ちました。今より-3kgくらいでしょうか。その時は、カラダは軽いけれど、ちょっとやつれた感じがしていました。ストレスが多く、精神的には少し病んでいました(笑)

 

そんなわけで、今は160cmの身長に対して、体重50kg(±1kg)くらいが一番自分にとって「快適な」体重だなと感じています。

 

みなさんそれぞれに「快適な」体重というものがあると思いますし、体重なんて測らなくても感覚で分かる、ならそれでも良いと思います。

というわけで、話が若干それましたが

私が普段心がけていることやこれまでの経験から、これはと思うものを挙げてみたいと思います。思いつく順に、なので、重要度はあまり関係ありません。後で順序は入れ替えるかも知れませんし、リストの追加・削除もするかも…

 

  1. ジュースは飲まない。水分補給は水かお茶
  2. 食事の基本は和食
  3. 食べすぎない。腹八分目
  4. お腹が空いたら食べる
  5. アイスコーヒーは飲まない
  6. アイスクリームは買わない
  7. ごはん(米)を食べる
  8. 肉食を減らす
  9. 食べたくない時は食べない
  10. 暇にしない
  11. 好きなことをする
  12. 食事はなるべく家で自炊
  13. エスカレーターよりも階段を選ぶ
  14. 薬はなるべく飲まない
  15. 自分を大切にする/好きになる

 

なんだか中途半端なリストですが、いま思いつくのはこれくらいかな? 自分では当たり前だと思ってやっていることは、気づきにくいものです。

これらひとつずつについて、それぞれ記事にしていきたいと思っています。

 

image

肉はあんまり食べない、と言いながらジムの帰りには、よくケバブ屋さんに寄ってます(笑)

写真を撮っているところを撮られました。