昨日電車に乗っていたときに、ふと目がいってしまった人がいました。。

目の前に座っていた女性が、眉間にしわを寄せて難しい顔をして携帯電話を見ていました。

きっと一生懸命考え事をしながらメールを読んだり返信したりしていたのだとは思いますが、綺麗な人なのに、なんかすごくもったいない!と思ってしまいました。

 

私ももしかしたら、そういう顔をしてるかも思ったらドキッとしました。気をつけないといけませんね。何も考えていなくて無表情でいるだけで、なんとなく怖いなーと思わせてしまうようなので…。

 

 

考えてみたら、私たちの身近な人たち、好きな人たち、って顔を思い浮かべるとそのときの顔ってだいたい「笑顔」だと思います。笑顔が一番その人のよいところを引き出してくれると思います。

 

表情、というといつも思い出すことがあります。

その昔、私がまだ小学生だった頃、習い事をしていたのですが

帰りが夜遅くなると母に迎えにきてもらったものでした。そのとき車の中で待っている母の表情です。

 

自分が好きで行っている習い事、本来なら自分(たち)で帰ってこなくてはいけないのに、(忙しい)母の手を煩わせて迎えにきてもらうなんて、申し訳ない、という気持ちもあったのだと思いますが、「ただいまー」と車に乗り込んだ時に母が笑顔でないと

「なんか、怒ってる?」

「怒ってないよ」

というやりとりは、何度かあったように思います。(実際、機嫌が悪い日も少なくなかった気がしますが…)

今思えば、たぶん母も疲れていたし、なんにも考えていなかったかも知れません。でも無表情でいられると、なんとなく怒られそうな気持ちになったのは確かです。

 

車に乗り込んだ時に、母に向って

「迎えにきてくれてありがとう(^^♪ 今日も楽しかった~!」って

素直に言えたらよかったんですけどね。

 

話がだいぶ脱線しましたが、そんなことを思い出しながら…

 

普段から、笑顔でいたいなと感じたひと時でした。

努力しなくても自然と笑顔になってしまうときってありますよね。

嬉しいことがあったり、楽しい・わくわくすることがある、、好きな人と会っているときもそうですね。そういうことを想像したり思い出したりするだけでも、かなりいい笑顔になれそうです。

という訳では私は…

image

この子の写真でも見ながらにやにやすることにします。

image

笑顔を見せられると自分もつい笑顔になってしまいますし、笑顔でイヤな気持ちになる人はいないと思います。

日頃から、笑顔を心がけたいものですね。どこで誰に見られているか分からないので、普段から意識しようと思います!

 

フェリース

長谷川知美