ゴールデンウィーク、終わってしまいましたね。

ご家族やご友人と楽しく飲んだり食べたり、よい時間をすごされましたか?

 

 

これから薄着の季節になると気になるのがお腹まわり、そしてビールが美味しい季節です。

飲みながらの食事は楽しい時間でもありますよね。

アルコールが入るとついやってしまうのが「食べすぎ」。

食べすぎ、飲みすぎには気をつけなければなりませんが、できるだけストレス少なく(ダイエットだからってガマンばかりしていられません!)、楽しく、でも少しだけ気をつけることで体に優しい飲み方をしてみませんか。

 

今日は、おつまみの選び方について。

 

食事でもそうなんですが、食べる順番が大事ですよーって、聞いたことありませんか。飲むときも同じです。

 

キーワードはこの4つ

  1. ねばねば
  2. 豆・大豆
  3. 色の濃い野菜
  4. きのこ類

 

最初にオーダーするときに、このキーワードに当てはまるものを選んでください。アルコールの消化吸収を抑えてくれる食物繊維や、アルコールの代謝に必要なビタミン、ミネラルを多く含む食品が、胃腸への負担を軽くしてくれます。

image

1.ねばねば
オクラ、とろろ、納豆、海藻類(もずく、わかめ、昆布)、など、「ネバネバ」食品
2.豆・大豆
枝豆、豆腐、納豆、味噌など、豆や豆製品
3.色の濃い野菜
ほうれん草、こまつな、ブロッコリー、オクラなど、緑黄色野菜
4.きのこ類
エノキ、しいたけ、エリンギ、シメジ、マイタケなど

 

image

 

いかがですか? 最初にこれらの中から選んだものを注文し、お酒を飲みながらゆっくりとおつまみを食べてください。空腹でいきなりぐいぐい飲んでしまったり、揚げ物などをガッツリと食べてしまうことは、避けてくださいね!

 

最初のおつまみのあとは、肉でも揚げ物でも、お好きなものを。先ほどの一品目でお腹が少しは満たされていますので、食事量も抑えることができます。

 

この方法であれば、ダイエット中だからといって飲むこと自体を無理に我慢することもありませんので、ストレスも減りますね。

 

image

ダイエットを上手に続けるには、ストレスをためないことが大切です!

次からお酒を飲むときは、おつまみの工夫、ぜひやってみてくださいね。