骨盤の話がつづきます。

当院で取り扱っているトコちゃんベルト、妊婦さんのお問い合わせがほとんどなのですが、実際は妊娠中でないかたにも使っていただけます。

今日は、トコちゃんベルトとはどういったものか、また骨盤ケアってどうして必要なのか?について少し書いていきたいと思います。

 

下半身太りでお悩みの方、生理痛、生理不順などでお困りの方は、ぜひ読んでみてください。

 

体の要(かなめ)ともいえる「骨盤」

直立二足歩行をする人間にとって、

歩くときに、足が地面から受ける衝撃を吸収し、かつ

上半身の重みを支えるのがこの骨盤です。

 

ざっくりいうと

左右に二つの大きな骨、腸骨(ちょうこつ)と真ん中の仙骨(せんこつ)

からなっています。

image

 

腸骨と仙骨、この二つの骨は「靭帯(じんたい)」という弾力のあるゴムのようなものでしっかりと結びつけられています。この靭帯で支えられて、腸骨と仙骨の間は関節になっており、わずかに動きます。

 

妊娠中の体の変化

ただし、出産のときのこの靭帯が固すぎると、赤ちゃんが出てくることができませんので、妊娠中の女性は靭帯をゆるめるためのホルモンが出るため、だんだんと骨盤がゆるんできます。

 

現代女性は妊娠する前から骨盤がゆるみすぎているために、妊娠の初期段階から腰が痛くなってしまうこともあります。

 

カラダの要である骨盤がゆるむと、そのうえにある背骨も不安定になりますので、それを支えるために筋肉が緊張し、背中や肩、首などがこったり、痛みがでたりすることもあります。

トコちゃんベルトの役割

そこで、ゆるんだ骨盤を支えるのがトコちゃんベルトです。

ポイントは、腸骨の張っているところは「締めず」

☆印よりも下方

をしっかりと支える必要があります。

image

image

骨格模型なので、分かりづらいですが、

トコちゃんベルトを着ける位置はだいたいこのあたりになります。

 

みなさん「骨盤」というとおそらくイメージしやすいのが

上の写真で☆印のあたり(自分で骨を触って確認することができると思います)

ですが、そこは絶対に強く締めないこと!!です。

上のほうを締めてしまうと、てこの原理で下のほうが広がってしまいます。

 

骨盤が広がりすぎるとなぜいけないのか

 

骨盤のなかには、内臓がギュッと詰まっているわけですが、骨盤が広がりすぎるとその内臓は重力によってどんどん下がってきてしまいます。

そうなると、骨盤の下(底)にある「骨盤底筋群(こつばんていきんぐん)」は引き伸ばされてしまいます。引き伸ばされすぎた筋肉はしっかり締まらなくなり、尿もれや痔などが起きやすくなります。

腸の動きも悪くなるため、代謝が悪化します。またお尻が大きくなり、O脚になってしまいます。

 

さまざまな不調について心当たりのある方、骨盤のゆるみが原因となっているかも知れませんね。気になる方は、ぜひ一度ご相談ください。