小学生も夏休みに入りましたね。

7月も最終週、梅雨明けが待ち遠しい関東地方です。

ここ数日、過ごしやすい日が続いていますが、夏本番はこれからです。

 

暑くなるとついつい欲しくなるのが冷たい食べものや飲みもの。

この季節におすすめのおやつをご紹介します☆

 

それは、【寒天】を使ったゼリー(?っていうのかな…)

image

 

ゼリーといえば、【ゼラチン】を使いますが、こちらは【寒天】

似ているようで、全く別ものです。

 

ゼラチン:動物性

動物の皮膚や骨、腱などの結合組織の主成分であるコラーゲンに熱を加え、抽出したもの。タンパク質を主成分とする。(by ウィキペディア)

 

寒天:植物性

テングサ(天草)、オゴノリなどの紅藻類の粘液質を凍結・乾燥したものである。(by ウィキペディア)

 

栄養素でみると、ゼラチンは、たんぱく質で、寒天は、食物繊維(炭水化物)が多いのです。寒天は、数ある食品の中で、食物繊維が多く含まれており、またカロリーがとても低いので、ダイエット中の方にも嬉しい食材です!

 

また、寒天はゼラチンとちがって、一度固まると

常温で溶けてしまうことがありません。

 

私が今回使ったのは、こちら

image

「手づくり ぱぱ寒天」 伊那食品工業株式会社

2g×10袋入りで356円(税込)でした。

 

こちらの商品は、80度以上の熱湯300mlに対して、1袋(2g)を溶かして

容器に流して冷やし固めるだけ、というとても簡単なもの。

鍋を火にかけて…としなくても、うちでは電気ポットでお湯を沸かして作っています。

 

1回作るのに、寒天35.6円!

コストパフォーマンスの良さも魅力です(^^♪

 

今回は、今回は、柚子の皮を砂糖漬けにして乾燥させたお菓子(いただきもの)の残りを入れてみました。

ほんのり甘く、ほんのり柚子の香りがかおって美味しかったです☆

なにも入れずに、食べるときに細く切れば、ところてんですね。

 

ローカロリーで、お腹の調子を整えることもできる寒天。お通じ改善におススメです。

ぜひ一度お試しくださいね♪

 

牛乳やジュース、コーヒーや紅茶など使って寒天で固めても、良いかも知れません。

第2弾は、頂きものの梅ジャムでも作ってみましたがこれもまた、ほどよい酸味と甘みが美味しかったです。

 

子どもの夏休みは、一緒にこの寒天ゼリーを作ってみてはいかがでしょう!