たまには、日常のあれやこれなど。。

一ヶ月ほど前に書きかけて、下書きのまま残っていたのですが、消してしまうのもアレなのでアップしてしまいますね。

昨日は、懐かしい方が来院くださいました。

私が新潟で働いていた時に定期的に通ってくださった患者さんで、私が今の場所で独立したときに、お知らせのハガキをお送りした記憶があります。

おとといの夜に電話があり、「新潟でお世話になりました○○です!」と。

もう何年もお会いしていませんでしたが、すぐに分かりました。

 

その当時、まだ高校生だった娘さんが大学生になり、新潟を離れ、今は社会人として関東にお住まいとのこと。その都合で、今回はしばらく横浜に滞在しているとのことで、私のところに来てくださいました。

 

私はもちろん覚えていましたし、どうされているのかなと思ってはいましたが、またお会いできるとは…。

こういうの、私はとても嬉しいです。

おそらく、ほとんどの施術家は同じ気持ちだと思います。

過去に出会った患者さんが、年数を空けてもまた来てくださる、こんなに嬉しいことはありません。

 

今回のようなケース、施術で痛みを取りたい、というのが来院の一番の目的ではないと思うのですよね。いつも通っている先生の施術を受けに行かれないから、というのもあったとは思うのですが、私の顔をみに、会いに来てくださったのだと思っています。

 

もちろん施術は、いつもの通りしっかりとさせていただきましたし、できることならまた継続して通っていただいてもっと良くなってもらえたらいいなとは思いましたが、それよりなにより、お元気でいらっしゃって再会できたことがとっても嬉しかったのでした。

 

この仕事に就いてからだんだんと年数を重ねていくごとに、こういった喜びというか嬉しさを感じられることが本当にありがたいなと思います。

 

Iさん、また横浜にお立ち寄りの際はぜひいらしてくださいね~!

 

※写真は、夏の関屋浜(新潟市)です♪