今日は朝から涙が出てしまいました。

 

***

【健康アドバイス】とはほど遠い内容ですが、今日は私の日常について

気づいたことを書いてみようと思います。

***

私がこの仕事をするようになってかれこれ10年以上が経っていますが、日々新たな発見に出会います。今日はそのひとつ。

 

おとといは定休日。勉強会があり、前橋まで出かけていました。

2,3か月に1回、開催されるこの勉強会も、これが2015年の最終回。

今年は、どんな1年だっただろうか…。と振り返りました。

良くも悪くも、淡々と今まで通りやってきた、つもり。

年始には「よし、やるぞ!」と意気込みはあったものの、実際には何をしたの?と問いかけられても(自分自身に問いかけても)、これといった何かがあるわけでもない。

仕事はサボっていない、つもり。

でも、今までにやったことのない、何かに挑戦したか、というと、それもない。

 

細かくみればそれなりに、小さなチャレンジはしてきたかもしれないけれど、私はそれを自分で評価することができなかったのです。

 

それはなぜか?

自分では、分かっているんですね、やろうと思いながらやらなかったことがあるというのを。

なにかしら言い訳を作って、やらないできた。サボっていた、怠けていた、失敗するのが怖かった、やってみてできないことを認めるのが怖かった、だからやらなかった。

 

そのことが、私の頭の中の大部分を占めていて、

いつだって、やろう!って思うのに、結局できない私、なんてダメな私、そうやって自分のことを責めていたのです。

 

勉強会のあと、「自分へのダメ出し」ではなくて「自分で自分のことをちゃんと認めてあげる」ことの大切さを知って、なんだかすうっと楽になりました。

周りに刺激されて、私だってできるんだ!気合いだ!やるぞ!!っていう、打ち上げ花火のようなバーンと上がっていくようなカラ元気ではなく、しっかりと大地に足がついた、安心感のようなもの。現状は(まだ)何も変わらないのに。

 

もちろん、この1日のできごとだけではなくて

ここ最近読んだ本、自分のやってきたこと、私の周りに起きているできごと…etc. の小さなかけら一つひとつ、パズルのピースがきれいにはまってピタッと合わさった、そんな感覚でした。

 

そうして迎えた今朝。

朝イチの患者さんをお迎えする準備をしながら、今までになく気分がよく、

もう何度も来てくださっている患者さんなのですが、今日は過去最高にうまく施術ができた、と思うことができました。

 

施術で患者さんに接するときは、緊張しすぎても良くないし、緩みすぎても良くない。適度な緊張感を持ちながらも、リラックスして患者さんに接することが良いと思って私はやっています。

それが今朝は、自分でも驚くほど自然に上手にできた、という感覚がありました。

 

その患者さんが帰り際に、よかったら使ってくださいね、と手作りの小物をくださったのでした。

手先が器用な彼女は、趣味でバッグや洋服などを作っていて、これも手作りされたものだとか。

image

 

デザインといい、色の具合といい、私の好みにピッタリ。感激でした!

いつもお世話になっているから…と言われましたが、私のほうこそ、いつも来ていただいているのがどれだけありがたいことか!!

 

その患者さんをお送りしてから、ふとメールのチェックをしていたところ、別の患者さんから

「12月○日に出産しました。名前は○○にしました」

との連絡がありました。内容としては本当にシンプルなものでしたが、その文面をみていたら涙があふれてきました。妊娠前から、ずっと通ってくださっていたこと、妊娠中もいろいろなお話しをしながら、どんな子が産まれてくるのかなぁと私もとても楽しみにしていました。

そろそろ出産のころだろうか…と気にはなっていたものの、生まれましたか?とは聞けず、ただ待っていただけでしたので、本当に嬉しかったです。無事に生まれてきてくれたことも嬉しいし、私のことを思い出して連絡をしてきてくれたことがまた嬉しいなぁと思っていたら涙が止まらなくなってきて、自分がこんな反応をすることは思ってもいなくて、あぁ私ってこういう時に涙が出てくるんだ、というのは新たな発見でした。

 

ぼーっとなにも考えずに過ごしていたら、今朝起きたこのできごとも、まったく違って感じられたかもしれません。なんてことのない、平凡な朝だったと感じていたかもしれません。

 

なにが言いたいかっていうと、やっぱり人生っておもしろいなってこと。

ちゃんと考えを持って、決めて、行動したら、こんなに素敵なご褒美があるんだなぁって気付いちゃいました。私はたまたま、自分のやりたい仕事を見つけて、それをできる環境があって、誰にも邪魔されることなく好きなだけできることができる、それって本当に幸せなことです。

 

私に限らず、誰しも人生は一回きり。

それなら、やりたいことを思いっきりやって、最後に幸せだったなって思いたいじゃないですか。周りが何と言おうとも、本当に自分が心からやりたいことをしていたら、誰でも幸せになれるというのは、当たり前のことなんだなぁと心の底から思います。

 

振り返ってみれば、このようなことは1年も2年も前から、「頭では」分かっていたつもりでしたが、腹に落ちてはいなかったみたいです。

 

長くなってしまいましたが、2015年の最後の最後に素晴らしい贈り物をもらった、そんな気分でした。

幸せは他から与えられるものではなくて、自分でみつけるもの

そのことをしっかりと腹に落とすことのできた、今朝のできごとでした。

心の底から自分がやりたいと思っていること、それをただただ実践するだけですね。