今週は夏休みをいただいておりまして

東京から名古屋、岐阜(郡上、飛騨高山)からまた東京へと帰ってきました。

 

私、けっこうな割合で高速バスを使うのですが

狭い座席、あまり倒れてくれないシート、冷房ガンガン、乾燥した車内で冷え&むくみ、…などなど、だいたい一通りのことは経験してきました。

 

そんな中で、コレがあれば便利!と感じたものをご紹介します。

格安高速バスでも、車内ですごすのがグッと楽になると思います!

 

荷物に入れておくと重宝するモノ

  1. 薄手のストール、マフラー類
  2. フェイスタオル
  3. レッグウォーマー
  4. 腹巻き
  5. スタッフバッグ(登山用に荷物を小分けにして入れるための袋)
  6. ネックピロー(首枕)またはクッションなど
  7. 水筒(私はTHERMOS(サーモス)の500mlを愛用しています)

 

image

 

続いて、これらの使い方を説明します。

 

高速バスに乗ったことのあるかたなら、お分かりかと思いますが

【冷える、首や腰が痛くなる、乾燥する、むくむ】

というのが私がいつも直面する問題です。

順番にその対策方法を挙げてみます。

 

冷え対策

ブランケットが置いてあるバスもありますが、ないバスもあります(これは事前に調べたら分かることですが、今回まさかの…あると思ったらなくてショック!でした)

とにかく布一枚でもかぶっていると違います。

 

【1.薄手のストールやマフラー】をかけてみてください。

 

場合によっては【2.フェイスタオル】でも意外といけます。今回は、私ワンピースを着ていたので膝の上にタオルを置いただけでかなり違いました。

 

ビーチサンダルを履いていた私は、【3.レッグウォーマー】をバスに乗ってから装着。【4.腹巻き】は家を出るときから着けていました。最近、電車の中でも冷房が効きすぎていて寒い時があるので、お腹があったかいと気持ちいいです。

 

腰痛、首の痛み対策

【6.ネックピロー】はもちろんですが、【5.スタッフバッグ】に【1.薄手のストール、マフラー類】や【3.レッグウォーマー】などを詰めて枕やクッション代わりにできます。

 

首や腰というのは、人間の背骨の構造上

「前弯(ぜんわん)」=前にカーブして(反って)いるのがカラダにとっては楽なのです。

 

バスのシートに座ると骨盤が後ろに倒れて、腰が丸まってしまい、この「前弯」がなくなってまっすぐになってしまったり、さらにまるまって「後弯(こうわん)」=後ろにカーブしてしまうと、とても疲れます。

なので、私は腰(骨盤の、仙骨の真後ろあたり)に入れることをおススメします。

 

今回私が使ったのは、3lのスタッフバッグでしたがこのくらいのサイズで十分かな、という感じでした。中身が少なければペタッとなるし、もっとボリュームが欲しければ上着を詰め込んでもいいかなと思います。荷物に入れるときは小分けの袋になるし、出せばクッション代わりにもなるしかなり万能なアイテムかと思います。

 

首も腰と同じく、前弯していることが楽なので、寝るときなんかは首の後ろになにか入れると楽になります。小さなタオルでもハンカチでも少し何かあるだけでも違います。

ポイントは、「頭と首の境目、首の上のほう」に何かあてて頭を支える感じにするといいみたいです。

以前、どうしてもなにもなくて、500mlのペットボトルの水を買ってそれをハンカチで包んで首の後ろに当てて寝ていたこともありました。

 

これだけでもずいぶんと長くなってしまったので…

乾燥対策

むくみ対策

 

については、次回の記事に書きますね。

【追記:続きはこちらです】

>>格安高速バスで快適に過ごすための☆おススメアイテム☆(後編)

 

 

おまけ:クッション類いろいろ

image

クッションに関しては、私がいつも使うのはU字型をしたおさるのクッション。

 

首枕として使うこともありますが、腰(骨盤のあたり)の後ろに入れたり、胸の前で抱えこんだり、膝の上に置いて本を読むときに肘置きにしたり、とかなり万能です。

 

ややかさばりますが、中には綿が詰め込まれているだけなので重くないし、ギュッと押し込んでしまえばスーツケースの隙間に収まってくれます。肌ざわりもよいのでお気に入りです。

 

かれこれ10年以上前、解剖実習に行ったときのこと。

帰りの空港でドルが中途半端に余っていたので、使ってしまおうと思って探していて見つけたのがこのおさるクッションです。

 

まさかこんなに重宝するとは…!

後で知ったのですが、これはキッズ用でした。(でも、気にしない。)

 

その後、また海外に出たときに空港でこういうネックピローを探しているのですが、大人用のものは大きくて重たいし、なんといってもかわいくない。。

 

四角いタイプのクッションはかわいくて買ってしまいましたが、じつはあまりバスの旅には持っていかないのです。車で出かけるとき、長距離の運転をするときなどは腰の後ろに入れるのにはちょうどいいのですが、荷物になると邪魔なんですよね…。

 

というわけで、やっぱりバスのお供はこのおさる。

これからも大事に使います~♪