こんにちは。

女性のためのプライベートサロン

フェリースの長谷川知美です。

 

昨日の記事

生姜(ショウガ)を長持ちさせる方法☆

を読んでくださったから、「さっそくやってみます!」と

コメントをいただきました♪

知ってるようで、知らなかった

こんな簡単なことで!です。

 

まだ読んでいないかたは

こちらから→生姜(ショウガ)を長持ちさせる方法☆

 

食材としての生姜は・・・

 

生姜[しょうが]

生姜は細胞の新陳代謝を活発にし、全身の機能を上げて免疫力を高め、体を温めます。発汗・解毒・利尿作用があり、辛味成分のジンゲロンには強い殺菌・消化促進・健胃作用があります。新生姜よりも成分が濃厚な、ひね生姜、金時生姜がおすすめ。

(『石原結實の体を温めて病気を治すレシピ117』p.24より)

 

ということで、体を温めたい人にはおすすめの食材なのです。

ショウガのピリッとした香りが臭みを消したり、食欲をそそったり

動物性たんぱく質の毒消しにもなるので

肉や魚料理に使うのは理にかなっています。

 

実際に私がどんなお料理に使ったのかを

ご紹介♪

 

●バターチキンカレー

肉の下処理にすりおろし生姜を加えて肉を柔らかく。

タマネギを炒めるときに、みじん切りにした生姜を。

 

●鶏の唐揚げ

肉の下味におろし生姜。

 

●青椒肉絲(チンジャオロース)

肉を炒めるまえに、みじん切りショウガを油で熱して香りを立てる

 

☆私のイチオシ☆

野菜炒めにも、ショウガ、合います!!

●肉野菜炒め(炒めもの全般)

青椒肉絲(チンジャオロース)の応用編。

肉を炒める前に、みじん切りショウガ。

野菜が高騰しているので、比較的安価な「もやし」を活用してます(笑)

 

 

●豚肉の生姜焼き

肉の下味におろし生姜

 

●豚汁

最後の仕上げにすりおろし生姜、または千切り生姜をいれる。

 

 

ほかには、寒い朝の起きぬけに

すりおろし生姜を入れた紅茶を一杯。

 

なんかも良いですね。

体が冷えてつらい、という方は

ショウガを上手に使ってみてくださいね!