Facebookを見ていたら、こんな動画がシェアされていました。

私自身は、筋トレがあまり好きではなく、またカラダを大きくしようとは思っていないのですが、特に男性は筋トレで筋肉をつけたいと考える人も多いみたいですね。

それって、どうなのかな?

と思っていた疑問を、アメリカのメジャーリーグで活躍中のイチロー選手が明快に答えてくれています。

 

前半は、筋トレで肉体改造(カラダを大きく)することが、果たして良いことなのか?と。

「人間は生まれもったバランスがあるのだから、それを崩してはいけない。」

「筋肉が大きくなっても関節や腱はその重さに耐えられない」

 

後半部分では、「無駄なことは結局無駄じゃない」「遠回りてすごい大事」とのコメント。

失敗なく最短距離で到達できることが良いわけではない、このコトバが深くつきささりました。

常に試行錯誤の私ですが、うまくいかなかったこともその後の糧にすべく、失敗を恐れずにチャレンジしていきたいものだなと思いました。

 

 

私はこの20年間、20代の頃に人生のMax体重を記録してから数キロ落ちて、以後ほぼ同じ体重をキープしています。これ、どうしてかな?と思ったのですが、運動していると体重の増減でパフォーマンスにものすごく影響があるのです。たとえば1kg、2kg重くなっただけでも重たく感じます。

学生時代、器械体操をやっていましたが、体重が増えるととたんに動きが悪く技ができなくなっていました…。私の場合は筋肉が増えたというよりは、脂肪が増えて太っただけ、というのもあるのでしょうが。

 

運動はカラダに良いとか悪いとかいろいろ言われていますが、最終的にはそれは自分で自分の体で確かめるしかないんでしょうね。

私はカポエイラやジムでのトレーニングを行っているのは、筋肉をつけたいとか痩せたい、ダイエットしたい、とかではなく

ただ、楽しいから

というだけかな…。

 

ある動作を反復して行うことで、脳から筋肉への指令の伝達がスムーズに行くようになると思っていて、以前はできなかったことが、できるようになる、とか

人の動きを見ていて、こんな風にしたら真似できる?

とカラダを動かしてみたら、できた、とか、それが楽しい。カラダを自由自在に操る(体操、ですね)ことがやっぱり好きみたいです。そしてそのときに、(重たくて)思うように体が動かないって、ものすごいストレスなんですよね。

 

何キロが適正体重なのか、はその人によって違いがあると思います。

私の場合はきっと今の体重が一番楽に動けるのでここだと思います。BMIでいうと標準より痩せている部類に入りますが、標準体重になったらたぶん重くて動けないです^^;

 

自分の適正体重がどのくらいか、みなさん分かりますか?

痩せたい!とお考えのかた、ぜひ一度カウンセリングにお越しください☆

ご予約はコチラから→ご予約ページ