数日前の朝刊1面。
こんな見出しが目に飛び込んできました。

「糖尿病、がんリスク1.2倍」

5/15(水)の朝日新聞

ganyobou

1.2倍、といってもあまりピンと来ないかもしれませんが
がん全体で20%高いということで、

実際は、肝臓がん約2倍
すい臓がんは約1.9倍
大腸がんは1.4倍

という結果がでたそうです。

糖尿病は1型と2型があり、2型は特に遺伝の影響が強いそうです。

食生活の欧米化にともない、現在急激に増えています。

肥満との関係性も非常に高いです。
肥満、高脂肪食、運動不足、ストレス…

いったん糖尿病になると、その治療はとても大変です。
なので、一番大切、かつ有効なことは「予防」だと思います。

私の友人で糖尿病の患者さんと日々向き合っているドクターがいますが
それはそれは、、、大変なんだそうです。

病院では糖尿病による合併症を抑えるための治療、血糖のコントロールをするための治療はできますが、根本的にはご本人が生活を改めなければ、どうにもなりません。

日々、病気にならないよう、生活習慣、食習慣に気をつけている人たちは
病院のお世話になることが少ない(医療費をあまり使わない)のに対し、
暴飲暴食や身体に悪い生活習慣をしている人たちが病気になって
病院のお世話になる(医療費をたくさん使う)のは、どうなの?と思ってしまうのは
私だけではないと思います。

もちろん、健康保険料を払っているのだから、使わないと…という気持ちも
わからなくはないですが、私は病気になりたくないので
なるべく健康保険は使わない生活を選びたいです。

line02

そんなことを考えながら、新聞の紙面をぼぉ~っと眺めていたら
またまた衝撃的な見出しを発見

ganyobou2

米女優、アンジェリーナ・ジョリーさんが両乳房の切除手術…

えぇぇぇぇぇぇぇぇ・・・・・・

嘘でしょ? と思いたかった。。
どうやら、遺伝的に乳がんになる確率が高いので、がんになる前から
リスクを減らすために、手術に踏み切ったという

本人の選択なので、周りがとやかく言うことではないと思いますが
そこまで来たか、、、と思っちゃいました。

たしかに、がんにかかることは恐怖かもしれませんが、
がんにならないように、その臓器を取り除くという発想は
私にはとても恐ろしくてできません。

術後の体調が気になるところです。

私はこっちの記事のほうが ビックリ でした。