治療の続きです。

 

治療スタートから3日目。

ふくらはぎは触れればまだ痛い箇所もあるし、

伸ばそうとしたり、力を入れたり(筋肉を収縮)すると、ギクッとした

痛みが出てきてしまいますが、最初のころに比べたら

ずいぶんと楽に歩けるようになってきたし、ちょっと油断していたのかもしれません。

 

怪我から3日間くらいは、暇さえあれば寝て(カラダを横たえて)

ごろごろしていたのです。

 

少し動かしても痛いから、なるべく歩きたくない。

かといってじっとしていたあと、動き始めがいつもギクシャクして痛みがでる。

ちゃんとPCの前に座ってブログを書くということもできないから

その時々のことをiPadにメモする程度。

 

それが、3日連続で治療を受けて、その日の午後はそれまでになく調子がよく

室内ならほとんど違和感なく歩けるようになってきました。

 

ようやくPCに向かってブログも書けるようになり、このまま良くなってくれるかな~と淡い期待をしていたのですが…。

image

 

翌朝起きてみると、ふくらはぎの突っ張り感が強く、足を着くとイテテテ…

 

前日の午後には楽に歩けるようになっていただけに、少なからずショック。。

治療の方針としては、

  • 筋肉が痛みを感じるような動作はしない。

です。痛いという感覚は、筋肉を収縮させてしまうので治るのに時間がかかるのです。痛くない程度に筋肉を触ってみたり、おそるおそる歩くことくらいしかできません。

 

その日は仕事のため、治療を受けに行くことはできず

夕方には足が浮腫んできて張ってきて痛みがまた出てきました。

 

さらには…

今までなかった内出血がだんだんと表面にでてきました。

image

見るからに痛々しい感じに。。

足首の内側、内くるぶし付近にまで落ちてきました。

 

この時は、じっとしているのがとにかく辛かったです。

座りっぱなし、立ちっぱなし、そしてそのあとに動き始めるときが恐怖です。

 

お風呂に入ってゆるゆるとマッサージしたりすれば、少しは楽になるのですが

本当に良くなるのかなぁ、、この足は?!って、ため息をついてしまうほどでした。

 

翌日は定休日。

勉強会の予定が入っていたのですが、この状態では一日座って勉強をしていられる自信がなく、また行き帰りの交通手段も電車は厳しそうだし、車の運転もまだ不安だったので、お休みすることにしました。

足が痛いだけで、頭はちゃんと働くんだけどなぁ…って、足が使えないってホント不便だなと、しみじみと感じました。

 

予定がなくなってぽっかり空いてしまった、休日。

足もまだ不安だったので、治療の予約を前倒しにして施術を受けに行きました。

 

治療の内容については、またいろいろと感じるところあったので

それはまた別の機会に書いてみます。

(つづく)