こんにちは。

女性のためのプライベートサロン

フェリースの長谷川知美です。

 

今年も花粉症のかたにはつらい季節がやってきましたね。

花粉症は一度なると治らない、と思われがちですが

実はそんなことはなく

完全に症状が出なくなる人や

少しはあっても症状が軽くすむようになる人もいます。

 

今日は、花粉症の症状を悪化させる食べもの

また、症状を軽くしてくれる食べものをご紹介します。

 

悪化させるたべもの

(花粉症の症状が出ている人は、できるだけ避けましょう)

■肉

■卵

■乳製品

■砂糖

■お酒

■パン、麺類

 

 

症状を軽くしてくれるたべもの

◎蓮根(レンコン)

れんこんは、昔から咳やのどの痛みに良いとされています。

 

【タンニン】という成分がもつ、「消炎作用」や、「収れん作用」のおかげだと考えられています。

タンニンにはヒスタミン抑制効果もあるので、花粉が入ってきたことによる炎症を抑えてくれます。

 

また、れんこんに含まれる豊富なビタミンが免疫力を高めてくれます。

れんこんはでんぷん質を多く含むため、加熱によるビタミンCの損失が少ないのが特徴。

花粉症の症状でお困りの方は、積極的に摂りたい食材です。

 

生のレンコンを買ってきて料理するのがもちろん良いのですが、

手軽に摂りたいときには、レンコンを粉末状に加工した「コーレン」も手軽なのでおススメです。

私も過去によくお世話になっていました。

 

参考までに、こちらの記事もご覧ください

2013年6月>>■せき、たん、のどの痛みに、レンコン!

2014年2月>>■せき、たん、喉の痛みには

 

おすすめの食事は・・・

ずばり、和食中心のメニューです。

ごはんと味噌汁を基本にすれば

小麦粉や砂糖、乳製品(牛乳、チーズ、バターなど)を

極力使わない食事になります。

 

食事以外に気をつけることとしては、

お風呂に入って体を温める、睡眠をしっかりとるなど

基本的なことをきちんとして、ストレスや疲労をためないことですね。

 

もちろん、カイロプラクティック(整体)で身体を整えることも良いですね♪