いつも患者さんにはお伝えしているのですが、

人の頭って重たいんですよ!

 

寝ている間を除いて、人は起きて活動している時間のほとんどはその重たい頭が一番上にあって、骨盤、背骨で身体を支えているわけですが、頭の重さは普段あまり意識していないと思います。

 

長時間にわたって同じ姿勢で座りっぱなしのデスクワーク、もちろん立ち仕事でも、ずっと同じ姿勢でいたりすると、肩がこった、首がこった、コリを通り越して痛みが出た、などというのは経験ある人のほうが多いのではないでしょうか。

 

頭の重さは、体重の10%ほどといわれています。

体重が50kgの人であれば、約5kgです。

 

5kgを重いと思うか、軽いと思うかは人によって違いがあるかと思います。

先日、この重さを実感していただくために

メディシンボール(5kg)

というものを買いました。筋トレをやる方にはお馴染みのあれ、でしょうか。

image

 

このメディシンボール、中には砂が詰まっていますがこれを手に持って腹筋をしたり、座って上半身をやや後ろに倒した状態でこのメディシンボールを持ったまま上体を左右に振る、とかそんなトレーニングをしたこともあります。

 

持ってみると意外とズシッときます。

ただ持ち上げるだけなら、問題なくできるくらいの重さです。

でもこれを手に持って肘を伸ばして身体の前に持ってきてください、というとほとんどの方が

えー、キツイ!

 

と思うことでしょう。(私にとってはかなり強度の高い運動です)

 

これと似たようなこと、普段からやっていませんか、ということです。

image

頭(顔)を前に突き出した姿勢で、PCとにらめっこ

電車の中で、立っていても座っていても、うつむいてスマホをじっと見ている

 

 

この状況は、首に、そしてそこからつながる肩や背中の筋肉に同じことをさせているのです。

image

それを毎日毎日、やっていたら

そりゃ、こりますよね、筋肉が。そして痛みます。

 

では、それを防ぐにはどうしたらいいか。

骨盤と背骨をまっすぐに立てて(重力と同じ、垂直に)その上に頭を乗せるのです。

そうすれば、筋肉は楽ができます。

image

 

イメージしてみてください。

 

頭の重さってどのくらいかな?と思ったら

メディシンボール5kgは、ここにありますのでぜひ一度持ってみてくださいね!

あー、重たいな、と思ったら、姿勢に気をつけましょう。