食事は1日3回規則正しく食べるのがよい、と聞いたことはありませんか?

食事を抜くと太りやすくなる。

なぜなら…

空腹が続きすぎて、カラダが飢餓状態になると、次に入ってきた食事を効率よく吸収してしまうため…などなど。

 

果たしてそれが太る原因なのでしょうか?

私の個人的な経験からいえば違うかなと思います。

image

空腹時間が長く続きすぎると、その次の食事でついドカ食いをしてしまう、とか結果的に食べすぎてしまうことはあると思います。それが続いて、食べた量と比べて、消費する量が少なければ太ります。食べた量よりも、カラダが消費する量が多ければ太りません。

 

でも…私の経験では、ドカ食いってそんなにできませんでした。個人差もあると思いますが、限界というものがあります。普段食べている量までしか、入りません。

 

胃袋のサイズって大きくなったり小さくなったり、って聞いたことがありますか。

 

たくさん食べていると、だんだんと食べられるようになる(胃袋が大きくなる)し、少食を続けていると、だんだん食べられる量が減ってくる(胃袋が小さくなる)、ということです。だから、ドカ食いでたくさん食べられる人は普段からそのくらい食べているんだと思いますが、違いますか?

 

私の経験上、いちばん痩せた(決して健康的だとは言えませんが)のは、食事が不規則で食べられない時間がものすごく長い時でした。それは今の仕事に就いて、まだ治療院で勤務していた時代です。非常に忙しく、勤務時間内にゆっくり食事をとる時間はなく、仕事が終わるのも夜遅かったですし、今思えばよくカラダがもったなぁと。

 

夜遅くは疲れすぎて、食べる元気もなかったときでした。結果的に食べる量は徐々に少なくなっていき、そんなときはたまにドカ食いしたところで、そこまで食べられないので太りませんでした。

 

image

 

ということで、やや強引な言いですが、「空腹時間が長すぎると太ってしまうから、食べる」という考えは捨てて良いと思います。食べるための言い訳として、それを使わないでくださいね、ということです。

 

太ってしまう傾向にあるひとは、やはり食べすぎているわけで、それを改善するためにはある程度の「空腹感」をきちんと感じてから、食べたほうが良いと思います。心当たりのある方は、一度見直してみるのもいいですね。

 

 

私の経験上、なにかに集中(熱中)しているときは、お腹が空いたとか何か食べたいとか気づかないものです。つい食べてしまう、というのはヒマだから、なんでしょうね。暇なのが一番よくないです…。