PMSの症状を悪化させると言われる食品について

その1です。

(1)砂糖を多く含むもの

砂糖の過剰摂取はイライラや情緒不安定の原因になります。

その理由としては…

糖分の多いお菓子などを摂ると急激に血糖値が上がります。

すると上がりすぎた血糖値を下げようと、インスリンというホルモンが

一時的に過剰となって血糖値の低下が起こります。

血糖値が下がりすぎることで、イライラ、不安感などを招きます。

また、砂糖の摂り過ぎは、PMSの症状を緩和させるのに必要な

ビタミンB群の吸収を妨げます。

ということで、イライラするからといって、安易に甘いお菓子に

手を伸ばすとかえって大変なことになります。

普段から控えめにしましょう。

人間が生きていく上で、必要となるエネルギー源である「糖」ですが

砂糖からではなく、穀類(特に玄米や小麦全粒粉など精製していない食品がよい)

から摂るのがよいですね。

精製していない食品は、食物繊維が豊富に含まれているので

血糖値の上昇をゆるやかにして血糖値を安定に導きます。

イライラ、不安感、気分の落ち込みなどには

「カルシウム、マグネシウム」を摂ることで改善効果があることがわかっています。

また、「ビタミンB類(ビタミンB1、B2、B12)」を投与したところ

症状が緩和したという報告もあるそうです。