PMSの症状を悪化させると言われる食品について

その4です。

(4)辛いもの

辛さの成分であるカプサイシンは体の代謝を活発にさせますが、

このことがかえって疲れや動悸などを招くことも。

とうがらしをはじめ豆板醤、カレー粉、キムチなどの摂取はほどほどに。

寒いこの季節、辛いものを食べて身体を温めたくなりますが、

なにごとも適量がよいですね。