こんにちは(^_-)-☆ 長谷川です。

クリスマスも終わり、いよいよ年末ですね。

 

フェリースでは骨盤ケアのアイテム、トコちゃんベルトの着用指導と販売を行っています。

最近立て続けに、こんな方がいらっしゃいました。

「子宮頚管が短くなっているといわれました」

「子宮が下がってきているといわれたんですが…」

 

どちらの方も、妊娠6ヶ月、そろそろおなかも大きくなってきて重さを感じ始めたそうです。

検診を受けたときに、お医者さんから「トコちゃんベルト」を勧められて

フェリースにお越しくださいました。

 

妊娠中は、出産に向けて靭帯をゆるませるホルモン「リラキシン」がでるため

骨盤が広くなり、その結果、骨盤内の内臓が下がりやすくなります。

 

トコちゃんベルトを使った骨盤ケアでは、

内臓を「あげる」ということをしてもらいます。

内臓をあげた上で、トコちゃんベルトで骨盤を「ささえる」

そして緩みによってゆがみやすくなっている骨盤や筋肉を「ととのえる」

この3つが大切です。

 

トコちゃんベルトの着用指導では、骨盤のしくみや、なぜ骨盤ケアが必要なのか

トコちゃんベルトの選び方、サイズ測定、ベルトの着用方法など、具体的な方法をお伝えします。

 

また、トコちゃんベルトは妊娠中だけでなく、産後も使うことができます。

妊娠中は使わなかったけど、産後になって使ってみたい、といらっしゃる方もいます。

 

妊娠中にトコちゃんベルトを使ってみたい、という場合は

検診のときなどに、担当の医師に使用可能かどうかを確認して許可をもらってからいらしてくださいね。

 

ご予約制となりますので、お電話、メール、ご予約フォームなどで

ご連絡お待ちしております。