• 毎年冬になると風邪を引いてしまう
  • インフルエンザの予防接種をしたのに。。。
  • マスクで予防してたのに引いてしまった

こんなことをお話しされながら、来院される患者さんから『風邪薬ってどれが一番効くの?』とよく聞かれます。

それもそのはず、11月くらいからTVや電車内などでで盛んに『風邪薬』のCMが流れていますよね。何を隠そう日本は、風邪薬の消費量が先進国の中でも、トップクラス。そして、CMのキャッチコピーも素晴らしい(笑)

 

『どうしても休めないあなたに』こんなフレーズを聞くだけで、もう半分治った気になってしまうかもしれませんね(笑)

こんな季節だからこそ、治療家として10年以上、そしてフェリースの院長でもある私が、風邪について、治し方、風邪薬などにいついてのアレコレをブログにまとめました。

あくまで個人的な意見ですが、来年こそは風邪で苦しみたくないと毎年思っているあなたのお役に立てればうれしいです。

 

この記事の内容

 ・風邪の原因は?治すためには?

・風邪薬の役割(積極活用のすすめ)

・風邪を引かないために

 

風邪の原因は?治すためには?

風邪を引いた状態とは、風邪のウイルスが鼻やのど(穴がある器官)にくっついて炎症を起こした状態をいいます。

主な症状としては、くしゃみ、鼻水、せき、たん、のどの痛み、発熱などです。

そう、風邪の原因は『風邪ウィルスの感染』なのです。ここはとても大切なポイントです。なぜ大切かというと、風を引いた際に出る症状(くしゃみ、鼻水など)は、身体の中で風邪のウイルスをやっつける(戦っている)サインなのです。

そして、風邪を早く治すためには、このウイルスと戦う兵隊を身体の中で多くしなくてはなりません。この兵隊の正体こそが『免疫力』なのです。

 

風邪薬の役割(積極活用のすすめ)

先ほど、風邪を治すのは免疫力だという話をしました。風邪を引いた際によく。。。

 

 ・美味しいものを食べてゆっくり休む

・水分をたくさん取り休養を

・ゆっくりお風呂で温まって

 

などという事を聞いた方も多いのではないでしょうか。これこそかズバリ『免疫力』を上げるのにつながることなのです。

では、風邪薬は風邪の何に効果を発揮しているの?という疑問がわいてきそうですよね。そう
医師が処方したり薬局で売られている風邪薬は、風邪のつらい症状を和らげるためのものなのです。

なので、風邪の本当の原因であるウイルスは、薬では撃退できないのです。じゃあ薬は意味ないの?と思われるかもしれませんがそうでもありません。

先ほどのCMの話ではないですが、とにかく忙しい現代では『どうしても休めない』というシーンも多いかと思います。

そんな時、一時的にでも症状を和らげるためには、むしろ積極的に使うのもありだと思います。ただし、風邪の遠因であるウィルスをやっつけるためでなくという事をお忘れなく

 

風邪を引かないために

ここまで読んで頂くと、風邪の原因や薬の役割はなんとなくイメージできたかと思います。

風邪を引いてしまった時は仕方ないと思いますが、その症状が治まった際にちょっと考えてみて欲しいのです。

『そもそも風邪を引かないためにはどうすれば??』

その答えはズバリ『免疫力の強化』です。ちょっと乱暴な例えになり、医学的にみると微妙なニュアンスになってしまうのですが

私は、免疫力とは身体のバリアみたいなものだよ と患者さんに説明しています。そうするとみなさんイメージしやすいようなので

ですので、このバリアを常日頃から強化しておきましょう、という事が風邪を引かないための唯一の作戦です。

ちょっと話がそれてしまいますが、当院にはぎっくり腰の患者さんが大勢いらっやいます。そして数回の施術で症状が良くなるのですが、数か月(数年後)にまたぎっくり腰を繰り返す方が多いです。

これは、風邪に例えるとウィルスがやっつけられていないのです。だから再発してしまいます。

なのが言いたいかというと、今の痛みをすぐ治すことももちろん重要ですが、その痛みを繰り返さないことが、もっと重要かと思います。

お身体の慢性的な不調で悩んでいたり、繰り返したりされている方は、どんな小さなことでも構いませんので、ご相談くださいませ。全力で悩みに対応します。

 

まとめ

 ・風邪の原因はウィルス

・風邪薬はウィルスをやっつけない

・風邪を引かないために免疫力を

 

長々と風邪についいてお話しましたが、今日はこのあたりにします。

身体の不調については、基本的な仕組みはすべて一緒です。症状を和らげることはとても大切。

もっと大切なのは、なぜその症状がでてしまったのか?これに向き合うことをおすすめします。

=====================================

【青葉台の女性専門整体サロン】フェリース

住所:横浜市青葉区榎が丘2-1 ビンセプト303

電話: 045-777-3113

受付:平日9:30~18:30 土日9:30~15:00

休日:水曜日・祝日

HP :Life Medical Care青葉台 女性専門整体サロン フェリース

=====================================