当院にも最近『冷え性(冷え症)』に関する相談が多く寄せられるようになってきました。

そこで冷え性に関する基礎知識やセルフケアなどの情報をお伝えすることにより、冷え性で悩む方の参考になればと思いまとめてみました。

 

毎年冬が怖いと悩むあなたのお役に立てれば嬉しいです。

 

冷え性(冷え症)とは?

冬場になると手や足が冷たくなってしまう。いわゆる『冷えてくる』ことが多くなりますよね。

この手と足の先端がかなり温まりにくく、慢性的に冷えているような感覚があるときに、冷え症と呼びます。

 

ただ、夏なのに身体が冷えてしまっていたり、あるいは身体が冷たいと感じている症状などもそうです。からだの中から冷えるため、少しからだを動かしたくらいでは、なかなか温まらないのです。

冷え症は、本来働くべき体温調節機能がうまく機能していない状態であり、主な原因として、次のようなことが考えられています。

 

自律神経の機能低下

ストレスや不規則な生活などにより、体温調節を行う自律神経がうまく働かなくなります。

文明の発達により、常に室内の空調が効いていたりすると、室内外の温度差が激しくなるため、自律神経の機能が乱れます。

これにより夏でも冷え症になるといったことが発生します。

 

皮膚感覚の低下

きつい下着や靴などにより身体の締め付けが発生すると血行不良が起こり、本来『寒い』という感覚が鈍り、そのため体温調節の指令が伝わりにくくなってしまいます。

 

血流の低下

貧血、低血圧や血管系などの疾患がある人は、血流が滞りがちになります。

これらが原因となりいわゆる『冷え』が発生します。

では、この冷え性を改善するためにはどうしたらよいのでしょうか。

 

 

冷え性(冷え症)の改善方法

冷え症を改善するための具体的な方法は、上記の理由を解消すればいいわけで、その大きな考え方としては

自律神経の働きを良くすることが大切となります。

 

自律神経の働きを改善させる方法

□ 身体を温める
□ マッサージ
□ 温かい食べ物を取る
□ ストレッチ
□ 深呼吸

いわゆる血行を促進するようなことを意識すると、改善が見込める可能性が高いです。

もし、長引く冷え性にお悩みの方がお気軽にご相談下さい。

=====================================

【青葉台の女性専門整体サロン】フェリース

住所:横浜市青葉区榎が丘2-1 ビンセプト303

電話: 045-777-3113

受付:平日9:30~18:30 土日9:30~15:00

休日:水曜日・祝日

HP :Life Medical Care青葉台 女性専門整体サロン フェリース

====================================