こんにちは。

青葉台の女性専門整体サロン

フェリースの長谷川知美です。

 

慢性疲労や全身疲労などに悩む方のご相談が非常に多く、こちらのページで当院の慢性疲労や全身疲労などに対する考え方などをお伝えしていきます。

慢性疲労や全身疲労などに悩む方のお役に立てれば幸いです。

 

 

『こんな経験ありませんか?』

□ 寝ても寝ても疲れが取れない

□ 睡眠が浅くて、寝た気がしない

□ 生あくびが頻繁にでる

□ 朝起きると、顎や肩、指先がだるい

□ 顔の肌ツヤが、悪いと言われる

□ 頭痛がする、頭重感がある

□ 思考力や集中力が低下している

□ ちょっとした動作ですぐに疲れる

□ まぶしくて目がくらむことがある。

 

たかが「疲れ」されど「疲れ」このつかれからくる倦怠感に悩んでいるあなたにとっては、とても重要な問題ですよね。

 

ではその疲れの原因は?

そしてどのように対応すれば解消されるのでしょう

 

『原因は自律神経??』

慢性疲労・全身疲労の原因は様々ですが、その多くは「自律神経の乱れ」と「筋肉緊張」によるものです。

自律神経には、身体を頑張って動かすための交感神経と身体を休めるための副交感神経がありますが、「慢性疲労」や「全身疲労」の状態とはその副交感神経が正常に機能しなくなり
一晩の睡眠で疲労がうまくリセット出来ていない状況です。

そしてこの副交感神経が正常に働かない状態においては

睡眠の質が下がる → 疲労感が蓄積 → 朝の目覚めがスッキリしない → ストレスが溜まる → 慢性疲労

という悪循環に陥ってしまします。

 

 

また、副交感神経の異常だけでなく、日常のストレスや身体の歪みなどにより必要以上に緊張感が増加し、体力を消耗させ

徐々に疲労が蓄積しやすくなります。

 

そして、このような状態が長く続くと「慢性疲労症候群」という病気に繋がり

場合によっては、薬物療法が必要なケースに発展する可能性もあり注意が必要です。

 

慢性疲労症候群は、身体を動かせないほどの疲労が6か月以上の長期間にわたって続き、日常生活に支障をきたすほどになる病気です。

Chronic Fatigue Syndromeという英語名から「CFS」ともよばれています。

 

 

この病気の診断基準ができたのが1988年と比較的遅く、1990年代ごろから日本でも国際診断基準に基づく症例が報告され、現在も患者数が増え続けています。

=====================================

【青葉台の女性専門整体サロン】フェリース

住所:横浜市青葉区榎が丘2-1 ビンセプト303

電話: 045-777-3113

受付:平日9:30~18:30 土日9:30~15:00

休日:水曜日・祝日

HP :Life Medical Care青葉台 女性専門整体サロン フェリース

====================================