こんにちは。

青葉台の女性専門整体サロン

フェリースの長谷川知美です。

 

股関節痛みに悩む方のご相談が非常に多く、こちらのページで当院の股関節の痛みに対する考え方などをお伝えしていきます。

股関節の痛みに悩む方のお役に立てれば幸いです。

【こんな経験ありませんか?】

□ 歩いているとスカートがまわる。ズボンのウエストがずれる

□ ウエストのくびれ方が違う

□ 歩いていると靴下が捻れたり脱げたりする

□ 靴が片減りする

□ 片足に体重をかけて立つことが多い

□ 座ったときに足を組む癖がある

□ 足の長さが違う

□ 仰向けに寝たとき、足の開き方が違う

□ 目をつぶって足踏みをすると位置がずれる

□ 骨には問題ないと診断されたのに何故か痛い

□ 座った状態から立ち上がるときに痛い

□ 15分以上続けて歩くことが苦痛

上記のような症状が出た場合、股関節の不調が原因となることが多いです。ではなぜあなたの股関節は傷んだり不調となってしまうのでしょうか?

 

『軟骨のすり減りや骨の変形が原因?』

 

股関節の痛みの原因をとして世間一般でよく言われているのが

 

【骨が変形したから股関節に痛みが生じる】

【軟骨がすり減ったから股関節に痛みが生じる】

 

などですが、これは厳密に言うと ・・・ 間違い

 

仮に、骨の変形=股関節の痛みとするのなら骨に変形がある限り、痛みは24時間持続していなければなりませんが、実際はそのようなことはありません。

 

そして、関節を動かせば動かすほど軟骨が減っていくようなものなら、陸上選手はとうに歩けなくなるはずですし、自分の足以外の交通手段がない人は、高齢になったら歩けなくなるはずです。

 

では何が原因で股関節に痛みが生じるのでしょうか?

 

その答えは【筋肉】にあります。

 

例えば、病院で股関節痛を訴えると、ほとんどレントゲンによる画像検査が行われます。この検査で分かることは

【骨と軟骨の状態だけ】

レントゲンには写らない血管・神経・筋肉・滑膜・関節包など、様々な組織が股関節周囲には存在し、なかでも股関節を動かす筋肉などの働きについては、重要視されていないのが現状です。

 

股関節の痛みで来院された方の多くが「歩くときの痛み」を訴えられ、ほとんど方がこの歩行時に

【骨と骨がぶつかるから痛い】

【軟骨が削れるから痛い】

 

と思わているようです。

 

しかし、病的な状態に陥っている筋肉をさらに酷使することにより痛みが発生するのです。

=====================================

【青葉台の女性専門整体サロン】フェリース

住所:横浜市青葉区榎が丘2-1 ビンセプト303

電話: 045-777-3113

受付:平日9:30~18:30 土日9:30~15:00

休日:水曜日・祝日

HP :Life Medical Care青葉台 女性専門整体サロン フェリース

====================================