こんにちは。

青葉台の女性専門整体サロン

フェリースの長谷川知美です。

 

膝の痛みに悩む方のご相談が非常に多く、こちらのページで当院の膝の痛みに対する考え方などをお伝えしていきます。

膝の痛みに悩む方のお役に立てれば幸いです。

 

【こんな経験ありませんか?】

□ 膝がこわばって動かしにくい。

□ 膝をある範囲以上曲げ伸ばしできない。 (関節の動く範囲がせまい・可動域の制限)

□ 膝を動かした時にひっかかる感じがする。

□ 膝に力が入らない。

□ 歩行中に突然膝が「ストン、ガクン」と抜ける。

□ 医療機関で診察を受けた時に、膝に水(または血液)が 溜まっていると言われた。

□ 膝の皿を押した時にプヨプヨと浮いているような感じがする。

□ 膝の周辺に骨のように硬いコブができる。

□ 膝の周辺に腫れとは言えないほどの大きなコブができる。

□ 通販で栄養食品を買って飲んでみたけど効果を実感できない。

□ 正座が出来ず供養や集会の場に参加しづらい。

□ レントゲンを撮り骨には異常がなしと言われたが痛みが消えない。

□ 歳だからしょうがないと言われたので諦めている。

□ 成長痛と言われたが、痛みにどう対処すればいいかわからない。

 

【膝の痛みは自分で治す?】

当院に膝の痛みで来院される方の多くが、テレビCMや通販などでも

さかんに宣伝されている膝の痛みを解消するサプリメント等を試したり、整形外科で定期的に膝に注射をしてもなかなか思うような効果が出ず困っていたり

病院で手術をほのめかされ迷っている方たちです。

 

そして、痛み止めの薬などは、現在表面に出ている痛みを一時的に抑えるもので、痛みの元を取り除く根本的な治療法ではありません。

 

薬やサプリメントに頼り

【何かに治してもらうという姿勢】

では少しキツイ言い方になるかもしれませんが、これから先もずっと慢性的な膝痛と付き合っていくことになりかねません。

 

膝の慢性痛は、長年ひざを酷使したり、膝に悪い生活を続けてきたことが原因である事が多く、「食べ過ぎによる肥満」や「運動不足」なども痛みの原因の一つと考えられます。

膝をかばって過保護にしすぎる生活は逆効果となり、かえって症状を悪化させるケースも少なくありません。

 

そして病院での診断として一番多い「変形性膝関節症」は生活習慣病の一つで慢性の症状である場合が多く、治療のためには【食事】【運動】【休養】のとり方など毎日の生活習慣を改善することも、長期的に痛みを和らげていくためには必要不可欠です。

すなわち慢性的な膝の痛みについては

【自分で治す意識を持つ】

ことが重要と言えます。

=====================================

【青葉台の女性専門整体サロン】フェリース

住所:横浜市青葉区榎が丘2-1 ビンセプト303

電話: 045-777-3113

受付:平日9:30~18:30 土日9:30~15:00

休日:水曜日・祝日

HP :Life Medical Care青葉台 女性専門整体サロン フェリース

====================================