こんにちは。

青葉台の女性専門整体サロン

フェリースの長谷川知美です。

 

 

骨盤矯正に関するご相談が非常に多く、こちらのページで当院の骨盤矯正に対する考え方などをお伝えしていきます。

骨盤矯正で悩む方のお役に立てれば幸いです。

 

【こんな経験ありませんか?】

□ 出産後から腰や恥骨が痛み出し、子育てに不自由している。

□ ズボンやスカートが曲がる。ずれる。履けなくなってきた。

□ 肩こりや頭痛が起きやすくなってきた。

□ 腰痛・座骨神経痛などの症状がある。

□ 下半身が冷えたりむくみやすくなってきた。

□ 特に出産後下半身が太ったもしくは痩せにくくなった。

□ かたい床の上にあお向けに寝るとお尻が痛い。

□ 時々尿漏れの症状がある。

□ まっすぐ立っていても、なんとなく傾いている気がする。

□ 姿勢が悪いと言われた事がある。

□ 生理周期が一定でない。

□ 冷え性だと思う。

□ 歩いていて、よくつまずく。

 

【骨盤矯正が必要なのは産後のみ?】

 

そもそもなぜ骨盤はゆがむのでしょうか?

骨盤の歪みと言っても、骨盤それ自体は強靭な筋肉や靭帯でしっかりと固められており、グニャッとつぶれてしまうようなことはありません。

そういう意味では「ゆがみ」というより「傾き」と捉えるとより正確なイメージに近いと思います。

そしてこの傾きの原因として考えられるのが足を組んだり横座りをすることが多い

  • お尻のポケットに財布などを入れる
  • デスクワークなどで正面を向くことが少なく斜めに傾いている

このような些細なことで体全体に不自然な癖がつき、その結果、身体の中心にある骨盤までが、身体の使い方の癖で緊張した筋肉に引っ張られ「ゆがみ」(傾き)を生じるのです。

 

また、産後については妊娠すると「リラキシン」というホルモンが分泌されます。

このホルモンには人体の結合を緩める作用があり、これが分泌されることにより骨盤の結合がゆるみスムーズな出産が可能となります。

しかしリラキシンの分泌は産後すぐに収まらず、産後数ヶ月はこの影響で骨盤の緩んだ状態が続きます。

この状態のまま産前と同じ生活を行うことにより、周囲の筋肉が骨盤に負担をかけ「ゆがみ」(傾き)を生じるのです。すなわち

【骨盤の歪みは、出産・姿勢・カラダの癖によって起こる】

ということになります。

 

骨盤は体内の中心にあり、一旦骨盤がゆがんでしまうとその影響はカラダ全体に及んでしまうため、産後に限らず骨盤調整は身体の不調に悩んでいるあなたにとって
必要なものとなるでしょう。

=====================================

【青葉台の女性専門整体サロン】フェリース

住所:横浜市青葉区榎が丘2-1 ビンセプト303

電話: 045-777-3113

受付:平日9:30~18:30 土日9:30~15:00

休日:水曜日・祝日

HP :Life Medical Care青葉台 女性専門整体サロン フェリース

====================================