当院へ来院される多くの方が悩んでいる症状の一つが『骨盤矯正』です。

そこで、10年以上の臨床経験で数千人の骨盤の悩みと真剣に向き合ってきた私が、その原因や改善に必要な栄養素などについて解説します。

 

◆ 骨盤矯正とは

骨盤の歪みと聞くと『うまれつきだから仕方ない』とか『一旦矯正してもまたすぐにもとに戻る』など、慢性化や長期化のイメージを持たれていませんか?

実際、当院へ来院される多くの方が、病院で診断を受けていなくてもネットや書籍などをご覧になり、自分が重度な身体の歪みではないかと思い悩んだり、長期化する症状に苦しんだりされています。

今こうしてページを見られているあなたも、そんなお一人かもしれませんが、まずは骨盤矯正がなぜ必要なのかという事を簡単に説明します。

 

あなたも一度は聞いたことがあると思いますが、骨盤矯正とは体の土台である骨盤を正しい位置に戻すことを目的とします。

 

骨盤の役割として、内臓や生殖器を守ったり、下半身から衝撃を守り、上半身の重さを支えるという重要な役割を担っています。

この重要な役割を担う骨盤が歪んでしまうと、内臓や臓器が重力によって正しい位置より下に下がってしまいそれにより臓器が圧迫を受け、働きが低下してしまう場合もあります。

また、身体の中心に位置していてある骨盤は、脊柱(背骨)に繋がっており歪んでしまって傾いたり左右の高さが変わると、脊柱のバランスが崩れ、体重のかかり方が不安定になったり、身体を支えにくくなります。

 

この結果、左右の筋肉のアンバランスなどが起き、血流も悪くなっていくため肩こりや腰痛といった慢性的な症状が現れたり、内臓機能の低下により、便秘や生理痛・生理不順・冷えやむくみなど不具合が生じます。

 

もし、あなたが骨盤がゆがんでいることでお悩みだったり、便秘や冷え、むくみ、生理痛、生理不順などの症状でお悩みでしたら、是非こちらのサイトを読み進めてください。骨盤のしくみや調整方法そしてどのような治療法があるのかをご理解頂けるかと思います。

 

◆なぜ骨盤がゆがんでしまうのか?

骨盤の歪みとともに、O脚やX脚、ぽっこりお腹、出っ尻など、いつの時代もプロポーションのことでお悩みになる女性の方は多くいらっしゃいます。

ではなぜ、骨盤がゆがんでしまうのでしょうか?

 

日本人は畳や床に座ることが多く有りますが、横座り、アヒル座りなどは股関節や膝を無理にねじっている状態です。このような悪い座り方を長時間していると、当然脚全体に悪い癖がつき、骨盤が歪んでしまいます。また、骨盤が歪んだことで、O脚やX脚、ぽっこりお腹、出っ尻などの体形の問題につながってきます。

 

姿勢というのは、普段何気なくやっている姿勢、例えば、立ち方、歩き方や座り方、荷物の持ち方や仕事での体勢などの日常生活動作によって徐々に癖がついてきます。

一度癖がつくと、その姿勢が楽になってくるため、さらに癖が強くなっていき、さらに姿勢が悪くなっていくという悪循環が起こっていきます。

地球上には重力が存在し、人間はその重力に抵抗して二本足で立っています。正常な場合、左右前後均等に力がかかることでバランスよく立つことができます。しかし普段、悪い姿勢をして背骨がゆがんでしまうと、体のバランスを崩し、偏って筋肉が緊張することになります。

 

実は、これが腰痛や肩こり、恥骨痛、便秘や生理痛、生理不順、冷えやむくみなど様々な不具合の原因になるのです。

 

このように身体のバランスが崩れる(歪む)と、身体の代謝すなわち血流や自律神経の働きが低下し、先ほどの症状を発生させるというダブルパンチの構造となります。では、姿勢や血流はどのようにすれば改善するのでしょう。

=====================================

【青葉台の女性専門整体サロン】フェリース

住所:横浜市青葉区榎が丘2-1 ビンセプト303

電話: 045-777-3113

受付:平日9:30~18:30 土日9:30~15:00

休日:水曜日・祝日

HP :Life Medical Care青葉台 女性専門整体サロン フェリース

====================================